メニュー  → 生薬学術情報  → 
山椒
山椒
(さんしょう)
サンショウ 入手時名称:サンショウ
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:11526
アサクラザンショウ 植物名:アサクラザンショウ
撮影場所:日本, 京都府
撮影日時:1989
撮影者:小松かつ子

生薬別名 蜀椒
生薬ラテン名 Zanthoxyli Piperiti Pericarpium
生薬英名 Japanese Zanthoxylum Peel
科名 ミカン科 Rutaceae
基原 サンショウ Zanthoxylum piperitum De Candolle
薬用部位 果皮
選品 新しくて香気および辛味の強いものが良品 (TN).
主要成分 モノテルペノイド Monoterpenoids:
Z. piperitum: Dipentene, Citronellal, Limonene, β-Phellandrene, Geraniol, Citronellol, Myrcene, Linalool, Linalyl acetate, β-Caryophyllene, Geranyl acetate
Z. piperitum f. inerme: Myrcene, Limonene, β-Phellandrene, Linalool, Citronellal, Linalyl acetate, β-Caryophyllene, Geraniol, Geranyl acetate

ステロール Sterols:
Z. piperitum: Campesterol, Stigmasterol, β-Sitosterol

植物ホルモン類 Plant hormones:
Z. piperitum: Xanthoxin

フラボノイド Flavonoids:
Z. piperitum: Quercitrin, Afzelin, Hesperidin

タンニン Tannins:
Z. piperitum: Hyperine

その他の含窒素化合物 Other nitrogen compounds:
Z. piperitum: α-Sanshool, β-Sanshool, γ-Sanshool, Hydroxy-α-sanshool, Hydroxy-β-sanshool, Hydroxy-γ-sanshool, Sanshoamide;
Z. piperitum f. inerme: α-Sanshool, β-Sanshool, γ-Sanshool, Hydroxy-α-sanshool, Hydroxy-β-sanshool, Hydroxy-γ-sanshool
薬理作用 健胃・整腸.利尿.駆虫.血管運動中枢,呼吸中枢興奮(xanthoxin).錐体外路系障害(sanshotoxin).駆虫(アルコールエキス).血圧(生理食塩水浸出液:上昇後下降).
臨床応用 芳香性健胃,整腸,駆風,駆虫薬として,胃下垂症,胃拡張症,消化不良,胃腸の冷痛,嘔吐,回虫症などに応用する.
頻用疾患 胃痛, 嘔吐, 回虫, 胃下垂, 消化不良
含有方剤 椒梅湯 , 大建中湯 , 当帰湯 , 解急蜀椒湯 , 中建中湯 , 烏頭赤石脂丸 , 椒梅湯 , 椒梅瀉心湯 , 清中安蛔湯 , 理中安蛔湯 , 苦味チンキ , 苦味重曹水 , 硫酸マグネシウム水
帰経 脾・胃・肺・腎
大熱・有毒
神農本草経 下品
中医分類 散寒薬
薬能 温中,止痛,殺虫
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Zanthoxylum piperitum De Candolle